インプラントセンター

アーク歯科
東京都千代田区
東京都文京区
歯科関係者
サイトマップ
インプラントブログ
水道橋の歯科医院(歯医者)
イ ンプラントセンター イ ンプラント治療とは  当院で のポイント インプラ ント費用 インプラ ントロジー
治療の流 れ  イ ンプラント 用CT  良くある質 問  インプラ ント症例  イ ンプラント治療希望



インプラント治療とは


 歯が何らかの原因で抜けてしまった時、その 場所にチタン製のインプラントを埋め込み、その上に歯を作ってあげる治療をインプラント治療といいます。失った歯を限りなく自然に近い状態に治すことが可 能です。従来行われてきたブリッジや入れ歯等の治療に比べて、はるかに自然な見た目と使用感を得ることが出来ます。

 原理は至って簡単です。歯が抜けてしまったところに、チタンで出来た 人 工の歯根を植え、その上に歯を作ります。こうすることにより、歯が抜け全くなくなってしまったて人でも、歯を作ることが出来、快適な食生活や会話を楽しむ ことが出来るよ うになります。インプラントは第2の永久歯と呼ばれるほど、天然の歯に近い使用感を得ることが出来ます。


ブリッジ治療との比較

インプラントとブリッジの比較

 歯が無くなってしまったとき、隣の歯があればブリッジという方法で歯 を 作ることができます。しかし、ブリッジは土台となる両方の歯を削る必要があり、 また、抜けてしまった歯が担当していた仕事を、土台となる歯に分散させることになりますので、不自然な治療法といえます。

 ブリッジは従来から行われてきた、欠損補綴(無くなった歯を補う治 療) ですが、インプラント治療が欠損補綴の流れを大きく変えてきています。インプラント治療であれば、隣の歯を削る必要はありません。また、隣の歯は失った歯 の仕事分を負担する必要もなく、しかも、他の歯とつながりませんので、管理も楽です。より自然な形で欠損を補うことができます。


入れ歯との比較

入れ歯とインプラントの比較
 歯が無くなり隣の歯がない場合、ブリッジにすることができません。この場合、通常は入れ歯により歯を作りま す。しかし、入れ歯の違和感は大きく、また噛む力や効率なども悪く、更に見た目や話し方に影響が出ます。それら全てを解決できるのがインプラントです。ま た、奥歯でしっかり噛めるようになると、他の歯の負担を減らし、他の歯の寿命を延ばす効果もあります。


インプラントの構造

インプラントの構造説明図 インプラントは主に、外冠、アバットメント、フィクスチャーの3つのパートから構成されます。

 お口の中に見えている部分を外冠と呼び、金属やセラミックで作られま す。一方、内部の構成は、土台にあたるアバットメントと骨の中に埋め込まれるフィクスチャーから構成されますが、アバットメントとフィクスチャーが一体型 である「ワンピースインプラント」と、分離している「ツーピースインプラント」とに分類することができます。

 一般的には、ツーピースインプラントを用いるのが主流ですが、セグメ ン ト構造(分離構造)のため境界部から破損しやすく、部品数が多くコスト高、そして煩雑な術式になりやすいという欠点が指摘されています。このため、一部で はワンピースインプラントが好んで使用されるケースがありますが、一体型のため何らかのトラブルがアバットメントに生じた場合、骨内のフィクスチャーも摘 出しなければいけないリスクがあります。

 またワンピースインプラントは構造上、外冠の装着はセメント方式しか で きず、精度に限界があります。よって、ツーピースインプラントの方が自由度が高く、精密で審美的なインプラントを作ることが出来るため、普及しています。

インプラントの構造説明図

 外冠とアバットメントを装着する方式に は、セメントタイプとスクリュータイプの2種類があります。

 セメントタイプの方が技術的に簡単で安価ですが、装着時のセメントの残存があり、その残存から炎症 を起こし易いといえます。また、インプラントにトラブルが発生し、外冠を外さないといけないことになった場合に、壊して取らないといけません・
 一方、スクリュータイプ(注*)
は、 セメントを使わず、術者が外したい時に簡単に外せ、理想的な方法ではありますが、非常に高度な技術が要求されまた高価であ るために一般的ではありません

*スクリュータイプには2種類あ り、外冠の上から入るオクルーザルスクリューと横から入るサイドスクリューがあります。オクルーザルスクリューは審美性や機能性に劣るため、過去の方式と なっているためスクリュータイプの説明は、舌側サイドスクリューを例としております。

天然歯との比較

インプラントとブリッジの比較

 天然の歯とインプラントの組織像を顕微鏡でみると左図のようになって い ます。

 歯とインプラントは非常に似たような形になっています。

 このことが、インプラントが生体内で長く安定し、機能し続けられるポ イ ントです。

 但し、歯ぐきの付き方が天然の歯とインプラントでは若干違いますの で、 インプラント周囲の歯ブラシは丁寧に確実に行う必要があります。




Copyright(c) 2000-2008 インプラントセンター.jp All rights reserved.